マネジメント道場2013/8/5変更
ISO9001明解新釈序文
IS09001/JISQ9001(2008)規格要求事項
明解新釈 by 門岡 淳

序文

0.1一般

この規格は,2008年に第4版として発行されたIS09001を基に,技術的内容及ぴ対応国際規格の構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

JISQ9001/序文/ 0.1一般の前半は,ISO9001を日本語化してJISQ9001にする過程で付け加えられた内容です。

JISQ9001/1適用範囲/1.1一般
注記3この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。
IS09001:2008,Qualitymanagementsystem−Requirements(IDT)
なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IECGuide21に基づき,一致していることを示す。

と,ISO9001とJISQ9001を一致させたいなら,付け加えた部分を一番印象深い冒頭に書く必要はないのに。0.1一般の最後に,「JIS化にあたっての序文」として付け加えればいいのに。

この規格は,2000年に第1版として発行されたJISQ9001を規格本体の要点を明確にするため,及びJISQ14001:2004との両立性を高めるために改正したものである。

注記ISO9001の第1版及び第2版は,JISZ9901として発行され,更に第3版は,JISQ9001の第1版として発行された。

ISO14001との両立性を高めるために改正したって本当かな。JISQ9001は第1版JISQ9001:2000との違いってほとんどないんだけど。その違いの中にISO14001を考慮した改正点ってあったかな?。

ちなみにISO9001の第1版は1987年(JISZ9901:1991),第2版は1994年(JISZ9901:1994),第3版は2000年(JISQ9001:2000),第4版が本版の2008年(JISQ9001:2008)です。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。 JISQ9001に「この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。」と明記されていることを尊重するとともに,JISQ9001も規格要求事項5.4.2b)“完全に整っている状態(integrity)を維持している”に適合している必要があると考え,本明解新釈では点線の下線があるべき部分に下線を付しています。
“注記”と記載されている情報は,関連する要求事項の内容を理解するための,又は明確にするための手引である。 JISQ9001は規格要求事項であるが,注記と記載されている部分は,要求事項(requirement)ではなく手引(guideline)ですよ間違えないでね,という意味です(タブン)。
この規格の対応国際規格の第3版(IS09001:2000)から第4版(IS09001:2008)への変更のうち,この規格における変更の詳細を,附属書Bに示す。 附属属書BにはISO14001との両立性を高めるための改正についての記載があるのだろうか?。ウーン,どこがISO14001との両立性を高めるための改正なのが,私にはわからない。

品質マネジメントシステムの採用は,組織の戦略上の決定によることが望ましい。

ここが,ISO9001規格要求事項の冒頭です。ここからISO9001が始まります。
0.1組織の戦略上の決定
組織における品質マネジメントシステムの設計及び実施は,次の事項によって影響を受ける。
a)組織環境,組織環境の変化,及び組織環境に関連するリスク
b)多様な二一ズ
c)固有の目標
d)提供する製品
e)用いるプロセス
f)規模及び組織構造
「品質マネジメントシステムの設計」という表現はここだけでしょうか。品質マネジメントシステムの構築/確立・実施・維持・改善という表現はよく使われます。構築/確立ではなく,設計ですか・・・・どう違うのかな?。
この規格は,品質マネジメントシステムの構造の画一化又は文書化の画一化を意図していない。 仕事のやり方は業種,規模,製品によってすべて,まったく違います。ISO9001/JISQ9001の要求事項(原則)さえ満たしていれば具体的なやり方は会社(組織の大きさ,仕事の種類,いままでの仕事のやり方)に合わせて考えましょう。

この規格で規定する晶質マネジメントシステムについての要求事項は,製品に対する要求事項を補完するものである。

組織は供給者に対して,顧客は組織に対してISO9001(JISQ9001)の要求事項を仕様書(購買要求事項,製品要求事項)に加えることができます。ただし,ISO9001(JISQ9001)の要求事項を満たしていることが,製品品質を直接保証するものではありません。よい製品を作り出す基礎はできているというだけです,残念ながら。
この規格は,製品に適用される顧客要求事項及び法令・規制要求事項並びに組織固有の要求事項を満たす組織の能力を,組織自身が内部で評価するためにも,認証機関を含む外部機関が評価するためにも使用することができる。 この規格要求事項に適合しているかどうかで,組織の製品要求事項を満たす能力を評価できる,とは言っていませんね,規格は。単に評価に使えると言っているだけですね。どうやって評価するか?が腕の見せ所ですね。
この規格は,JISQ9000及びJlSQ9004に記載されている品質マネジメントの原則を考慮に入れて作成した。 品質マネジメントの原則(ISO9000/0.2品質マネジメントの原則,ISO9004/4.3品質マネジメントの原則の使用)をどう考慮に入れて作成したのだろう。原則は規格要求事項作成プロセスのインプットなのかなあ。原則と規格要求事項の対応が明確になっていると分かりやすかったのでしょうが・・・・規格という製品の設計・開発の検証結果を明示するとカッコイイしユーザーも安心するのになあ。

0.2プロセスアプローチ

この規格は,顧客要求事項を満たすことによって顧客満足を向上させるために,品質マネジメントシステムを構築し,実施し,その品質マネジメントシステムの有効性を改善する際に,プロセスアプローチを採用することを奨励している。

組織が効果的に機能するためには,数多くの関連し合う活動を明確にし,運営管理する必要がある。インプットをアウトプットに変換することを可能にするために資源を使って運営管理される一つの活動又は一連の活動は,プロセスとみなすことができる。一つのプロセスのアウトプットは,多くの場合,次のプロセスヘの直接のインプットとなる。

0.2プロセスアプローチ

0.2プロセスアプローチって何?

組織内において,望まれる成果を生み出すために,プロセスを明確にし,その相互関係を把握し,運営管理することと併せて,一連のプロセスをシステムとして適用することを,“プロセスアプローチ”と呼ぶ。

プロセスアプローチの利点の一つは,プロセスの組合せ及びそれらの相互関係とともに,システムにおける個別のプロセス間のつながりについても,システムとして運用している間に管理できることである。

品質マネジメントの原則のうち「e)マネジメントへのシステムアプローチ」に対応する記載ですね。

品質マネジメントシステムで,このアプローチを使用すると,次の事項の重要性が強調される。
a)要求事項を理解し,満たす。
b)付加価値の点でプロセスを考慮する必要性
c)プロセスの実施状況及び有効性の成果を得る。
d)客観的な測定結果に基づくプロセスの継続的改善

次の事項の重要性が“強調される”,とはまた意味深長な(不明な?)日本語ですねえ。ISOではemphasizedなんでしょうか。誰が誰に対して強調しているのでしょう。たぶん,規格要求事項が規格要求事項のユーザーに対して強調しているのでしょう。

品質マネジメントシステムで,プロセスアプローチを使用すると,
a)次の事項の重要性が自然と明らかになり誰にでも理解される。
b)次の事項の重要性をよく認識してプロセスアプローチを採用しなければならない。
のどちらの意味なんでしょうか(たぶん,b)かな)。

そして,どうしてこのa)からd)の4点なんでしょうか。a)とd)はほとんど自明ですが,b)の付加価値は品質保証のための規格要求事項には似つかわしくないような気がしますし,c)プロセスの実施状況及び有効性の“成果”を得る,もわかりにくいですねえ。プロセスの実施状況及びその有効性を監視及び測定する,ならば理解できるのですが。

図1に示すプロセスを基礎とした品質マネジメントシステムのモデルは,箇条4〜8に記述したプロセスのつながりを表したものである。この図は,インプットとしての要求事項を決定するうえで顧客が重要な役割を担っていることを示している。顧客満足の監視においては,組織が顧客要求事項を満たしているか否かに関する顧客の受けとめ方についての情報を評価することが必要となる。図1に示すモデルは,この規格のすべての要求事項を網羅しているが,詳細なレベルでのプロセスを示すものではない。

図1−プロセスを基礎とした品質マネジメントシステムのモデル

ここからは、0.2プロセスアプローチの内容ではありません。どうやら図1を説明したいようですが、その図1は意味不明です。どれがプロセスなのでしょう?インプットな何なんでしょう?アウトプットは何なんでしょう。プロセスアプローチとはマッタク無縁の図です。いったい何を表現したい図なのでしょうねえ。規格本文に記載するのではなく、注記「品質マネジメントシステムのモデル」として記載するのがいいのではないでしょうか。すべて削除するのがより望ましいですね。

注記“Plan-Do-Check-Act”(PDCA)として知られる方法論は,あらゆるプロセスに適用できる。PDCAを簡潔に説明すると,次のようになる。

Plan:顧客要求事項及び組織の方針に沿った結果を出すために,必要な目標及びプロセスを設定する。
Do:それらのプロセスを実行する。
Check:方針,目標及び製品要求事項に照らしてプロセス及び製品を監視及び測定し,その結果を報告する。
Act:プロセスの成果を含む実施状況を継続的に改善するための処置をとる。

0.2PDCA

0.3JISQ9004との関係

この規格及びJISQ9004は,相互に補完し合うように意図された品質マネジメントシステム規格であるが,独立して使用することもできる。

2008年時点では,JISQ9004はJISQ9004:2000「品質マネジメントシステム−パフォーマンス改善のための指針」のことです。
この規格は,品質マネジメントシステムに関する要求事項を規定している。これらの要求事項は,組織内部での適用,認証又は契約のために使用することができる。この規格は,顧客要求事項を満たすに当たっての品質マネジメントシステムの有効性に焦点を合わせている。 ISO9001(JISQ9001)は,ISO9001(JISQ9001)を使う会社が満たさなければならない必要最小限の要求事項が書かれています。ISO9001(JISQ9001)は品質マネジメントシステムの最低限の要求です。いままで永年にわたって厳しい競争社会の中で生き抜いてきた会社であれば,ISO9001(JISQ9001)の要求事項はなんらかの形で実現しています。ISO9001(JISQ9001)をチェックリストにして会社の仕事のやり方を再点検しましょう。不十分な点がみつかるかもしれませんし,仕事の仕組みが整理されてよく理解できるようになれば,改善も進めやすくなることでしょう。

この規格の発行時,ISO9004は改正作業中である。IS09004の改正版は,経営層に対し,複雑で,過酷な,刻々と変化する環境の中で,組織が持続的成功を達成するための手引を提供する予定である。ISO9004は,この規格で規定するよりも広範囲な品質マネジメントシステムに焦点を当てている。すなわち,組織のパフォーマンスの体系的かつ継続的な改善によって,すべての利害関係者のニーズ及び期待,並びに満足を取り扱っている。しかしながら,ISO9004は,認証,規制又は契約のために使用することを意図したものではない。

注記ISO9004の攻正版の発行に伴って,JISQ9004:2000も改正される。

ISO9004:2000(JISQ9004:2000)は,改正されてそれぞれISO9004:2010(JISQ9004)となっておりタイトルも「組織の持続的成功のための運営管理−品質マネジメンとアプローチ」となっています。

ISO9004は一歩進んで,よりよい会社にするためのヒント,先人の知恵です。中にはホウホウ,ナルホド!というようなことも書かれていますので,困ったときにヒントを探すのには使いましょう。ISO9004は審査機関による審査登録のために作られた規格ではありません。

0.4他のマネジメントシステムとの両立性

この規格の作成過程において,利用者の利便のために,JISQ14001:2004の規定を十分考慮に入れて二つの規格の両立性を高めた。附属書Aに,JISQ9001:2008とJISQ14001:2004との対比を示す。

この規格には,環境マネジメント,労働安全衛生マネジメント,財務マネジメント又はリスクマネジメントのような他のマネジメントシステムに固有な要求事項は含まれていない。しかしながら,この規格は,組織が品質マネジメントシステムを,関連するマネジメントシステム要求事項に合わせたり,統合したりできるようにしている。組織がこの規格の要求事項に適合した品質マネジメントシステムを構築するに当たって,既存のマネジメントシステムをこの規格に適応させることも可能である。
0.4他のマネジメントシステムとの両立性(他のマネジメントシステムとの接続・統合に向けて

他のマネジメントシステムとの両立性といいながら附属書Aは,ISO14001との対比なんですね。他のマネジメントシステムとの対比はどうなっているのでしょう。代表としてISO14001と対比させただけなのでしょう。

ISO9001規格要求事項には,環境マネジメント,労働安全衛生マネジメント・・・等の他のマネジメントシステムに固有な要求事項は含まれていない,と明言されていますね。作業環境の中で労働安全が無視されているのも当然ですね。

経営は一つしかありません。品質経営,環境経営,労働安全衛生経営ごとに社長さんがいるわけがありません。マネジメントシステムは一つで・・・・品質に関する規格要求事項から見ればそれが品質マネジメントシステムに見えるだけなのでしょう。


トップへ